看護師がスキルアップでトリアージナースの認定を得るには

看護師がスキルアップできるものでトリアージナースがあります。
トリアージナースは災害時など緊急時に活躍できる看護師です。
酷な判断を強いられることもありますが、その判断で1人でも多くの人を救えることがあります。

トリアージナースとは

トリアージとはフランス語で「選別」の意味があります。
なので、トリアージナースは緊急性の高い順番から石の診察を受ける流れを作る看護師です。

判断は病院ごとに異なります。
・最優先で治療を行う必要性がある患者を「緊急(Red)」
・待合室で待機が可能であるが1時間以内に診察が必要な患者を「準緊急(Yellow)」
・順番通りに診察を行う患者を「安定(Green)
以上の三段階で分けます。
また、もう助かる見込みがない患者にはブラックをつけます。

このトリアージ(選別)することで重症な患者を先に医師のもとへ運べるために多くの患者を救えることになります。

トリアージナースの認定取得条件

看護師がスキルアップでトリアージナースの認定の条件について解説します。
・救急看護の経験が3年以上であること
・クリニカルラダーレベルがⅡ以上であること
・救急外来で勤務している、または1年以内に救急外来での勤務が明確な方
・日本看護学会などが実践している育成研修会を修了すること
・フィジカルアセスメントウェブ試験に合格していること

トリアージナースは資格ではありません。
その業務を行える看護師としての認定になります。

認定までの流れ

トリアージナースになるには育成研修会を受講する必要があります。
日程:随時開催
場所:全国各地
1.両日受講:会員20,000円/非会員32,000円
2.1.5日受講:会員12,000円/非会員24,000円

日本救急看護学会が実施しているものです。
2日間で緊急判定支援システムを理解するための勉強を行います。

育成研修会を終了することで認定されます。

 

トリアージナースになるメリット

看護師がトリアージナースに認定されるメリットがあるのか気になりますね。
トリアージナースは資格ではないので資格手当がつきません。

類似する資格としては救急看護認定看護師がありますが、認定看護師になるには100万円ほどの費用と6ヶ月間の教育機関に通う必要があります。

トリアージナースにるだけでも救急の場で必要とされることから転職するときに収入アップにつながります。
なので、看護師がトリアージナースに認定されるメリットは大きいですね。

問い合わせ先はこちらです。
一般社団法人 日本救急看護学会
TEL:03‐3384‐8030
FAX:03‐3380‐8627
MAIL:jaen@herusu-shuppan.co.jp
HP:http://jaen.umin.ac.jp/

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です