看護師がスキルアップで循環器専門ナースになるには

循環器の分野でのスキルアップで、循環器専門ナースという資格があります。
これは公共社会法人臨床心臓病学教育研究会が認定する資格です。

循環器に関する知識を深めて、高度なケアを行える看護師になるスキルアップが行えます。

循環器は心臓や心臓血管など関する疾患で、心筋梗塞や狭心症などの心不全に関わる疾患を対象としたものです。
なので、かなり需要が高い資格と言えますね。

 

循環器専門ナース資格取得条件

循環器専門ナースの資格を得る方法について解説します。

・正看護師として1年以上の経験があり、正看護師と准看護師と合わせて満5年以上の実務経験を有する看護師であることであること
・満5年以上の実務経験を有する医療関係者(薬剤師、臨床検査技師、保健師、臨床工学技士等)であること。
・通算で医療関係の勤務年数が60ヶ月以上であること。

循環器専門ナースは以上の条件を満たした上で、特定の研修コースを終了して試験に合格することで資格取得出来ます。

試験は他の資格とは異なり、会場で行うものではありません。
講習時に受け取ったものを後日返送するだけです。
なので落ちるということはまずないでしょう。

ただし、講習を受けれるかどうかは抽選です。

 

循環器ナースの研修コース

循環器ナースの研修コースはこちらです。

受講期間:約2ヶ月
選考方法:抽選
研修形式:集合形式(計4回の土日研修)
会場:ジェックス研修サンター(大阪市)
費用:15万5千円(研修費や教材費など)
認定試験:郵送で解答を提出
有効期限:2年間(2年ごとに更新。更新試験費用2千円、会費8千円)

費用は土曜日の夕食代も含まれています。
研修場所は大阪です。

 

循環器専門ナースのメリット・デメリット

看護師が循環器専門ナースになるメリットとデメリットについて解説します。
資格取得するデメリットがあるなんて不思議に感じるかもしれませんが、あとで後悔することのないように紹介しますね。

メリット
・専門性を活かした看護ができる
・医師やスタッフ、患者さんからの信頼が厚くなる
・転職や異動に有利になる
・資格手当や能力給につながる

デメリット
・資格取得のために職場に負担がかかる
・必ず給料がアップするとは限らない
・専門性が高くなっても患者さんに知らせる手段がない

 

循環器分野のスキルアップになるメリットがありますが、このスキルアップしたことを患者さんに知らせることは手段がありません。
直接的な収入アップに繋がることは必ずではありません。

循環器ナースをスキルアップの目的だけでなく、収入アップを目指すのなら職場で質問してみましょう。

>>看護師がスキルアップで体外循環技術認定士

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です