看護師のスキルアップにはどんなメリットが出てくるのかを書き出した

看護師が仕事をする上でキャリアアップするには、スキルアップが必要です。
実はこのスキルアップすることに興味がないという人が多いです。

スキルアップすれば仕事の効率がよくなり、周りの看護師や患者さんからの信頼が持たれるなどいいことがありますが、これを嫌がる人が多いんですね。

このサイトでは看護師がスキルアップすることでキャリアアップできるものなどについて解説します。

 

看護師がスキルアップしてキャリアアップするには

看護師がスキルアップすることはイコールでキャリアアップにつながります。
このキャリアアップには色々な種類があります。

例えば大きなところで言えば認定看護師や専門看護師です。

他にも看護師の免許を持っていれば取得できる資格があり、その資格を得るための勉強をしてスキルアップすることで資格を得ることができます。

病院によっては給料が上がる場合もあり、転職にも有利になりますので、積極的にとったほうがいいものです。

 

看護師がキャリアアップできる資格とは

看護師がスキルアップすることで資格を得れるものはこちらです。

・認定看護師
・専門看護師
・透析技術認定士
・トリアージナース
・血管診療技師(CVT)
・循環器専門ナース
・助産師
・性暴力被害者支援看護職(SANE)
・認定看護管理者
・日本糖尿病療養指導士(CDEJ)
・透析療法指導看護師(DLN)
・3学会合同呼吸療法認定士
・インターベンションエキスパートナース(認定IVR看護師)

こんなにも看護師がスキルアップできる分野があるんですね。
この資格を一つでも取得すればキャリアアップにつながります。

この中で看護師が比較的に資格取得が難しいのが専門看護師と認定看護師です。

 

認定看護師になるには

看護師が資格取得してスキルアップできる認定看護師について解説します。
キャリアアップに繋がるものがたくさんありますよ。

認定看護師とは

認定看護師は特定の分野において熟練した看護技術を持っていて、知識が深い看護師です。
高水準な看護ができるその道のスペシャリストのことを言います。

その役割は「実践・指導・相談」の3つがあります。

 

認定看護師の種類

認定看護師の一覧はこちらです。

・手術看護認定看護師
・糖尿病看護認定看護師
・集中ケア認定看護師
・がん性疼痛看護認定看護師
・不妊症看護認定看護師
・慢性心不全看護認定看護師
・訪問看護認定看護師
・皮膚・排泄ケア認定看護師
・脳卒中リハビリテーション看護認定看護師
・乳がん看護認定看護師
・救急看護認定看護師
・緩和ケア認定看護師
・小児救急看護認定看護師
・新生児集中ケア認定看護師
・がん放射線療法看護認定看護師
・がん化学療法看護認定看護師
・慢性呼吸器疾患看護認定看護師
・摂食・嚥下障害看護認定看護師
・感染管理認定看護師
・透析看護認定看護師
・認知症看護認定看護師

たくさんありますね。
この中で今自分が携わっている分野や、興味のある分野の資格取得を目指すのがいいでしょう。

 

認定看護師資格取得条件

認定看護師の資格取得条件はこちらです。
・日本看護免許を持っている
・免許取得後、実務経験5年以上、認定分野3年以上であること
・認定看護師教育機関(課程)修了していること。
・教育機関は6ヶ月以上昼間に連続した教育であること

看護師の免許を持っていることは大前提です。
実務経験が5年必要で、そのうちの3年が認定分野の実務経験がある必要があります。
その上で6ヶ月間教育機関で受講する必要があります。

 

専門看護師になるには

看護師が資格取得してスキルアップできる専門看護師について解説します。
キャリアアップに繋がるものがたくさんありますよ。

 

専門看護師とは

専門看護師は認定看護師と同様に、日本看護協会によって認定される資格の一つです、
複雑で解決難解な看護問題をもつ個人や家族及び集団に対して高水準な看護ケアを行える、特定分野の知識を深め、スキルアップした看護師のことを言います。

専門看護師の役割は「実践・相談・調整・倫理調整・教育・研究」の6つです。

 

専門看護師の種類

専門看護師の資格一覧はこちらです。

・がん看護専門看護師
・地域看護専門看護師
・小児看護専門看護師
・感染症看護専門看護師
・家族支援専門看護師
・在宅看護専門看護師
・老人看護専門看護師
・母性看護専門看護師
・慢性疾患看護専門看護師
・急性・重症患者看護専門看護師
・精神看護専門看護師

認定看護師より種類は少なく、また人数も少ないです。
実は専門看護師の方が難易度が高いんですね。

専門看護師資格取得条件

専門看護師の資格取得条件はこちらです。

・日本の看護免許を持っていること
・免許取得後、実務経験5年以上、認定分野3年以上
・専門看護分野の実務研修を受けていること
・看護系大学院修士課程修了者であること
・専門看護師教育課程基準の所定の単位を取得していること

看護師の免許を持っていることは大前提です。
実務経験が5年必要で、そのうちの3年が認定分野の実務経験がある必要があります。
その上2年間大学院で受講する必要があります。
仕事との両立は困難になります。

 

認定看護師・専門看護師資格取得支援病院

看護師がスキルアップをするために認定看護師や専門看護師の資格を所得するにはなかなかの困難です。
試験に合格することはもちろんですが、この試験は大学入試のような落としための試験ではないので、しっかり勉強しておけば合格できます。

どの資格でも合格率は90%以上ですからね!

 

しかし、その資格取得するまでが困難なんです 😡

認定看護師は6ヶ月間の間教育機関に通わないといけなく、専門看護師は2年間も大学院に通わないと行けません。
仕事との両立が困難になります。

しかも、この資格を得るための授業料や入学費用などで100万円以上かかります。
大きな出費ですね。でもそれだけ大変なもの取得すれば看護師で転職する際にとても有利になるのも確かです。

ここで朗報なのが、この資格取得をするために支援してくれる病院があることです。

資格取得を支援してくれる病院は、この費用を支払ってくれたり、教育機関に通っている間を休暇扱いにしてくれます。

しっかりとスキルアップして病院や患者、医療に貢献するための看護師をサポートしてくれるとうことですね。

なので、認定看護師や専門看護師の資格取得を目指す看護師はこのような病院へ転職と検討してみてはいかがでしょうか。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です