看護師がスキルアップで血管診療技師になるには

看護師が血管疾患の分野でスキルアップをするための資格で血管診療技師というものがあります。
血管診療技師は動脈硬化や下肢静脈瘤、エコノミー証拠いぐんなどの血管疾患の治療に対して豊富な専門知識を持っている医療従事者のことです。

これは看護師以外にも臨床工学技士や診療放射線技師、臨床検査技師が資格取得できるものです。

ではスキルアップのためにこの血管診療技師の資格を取得する方法について解説します。

 

血管診療技師の資格取得条件

スキルアップのためにけっけん診療技師の資格を取得するための条件はこちらです。

・看護師、臨床検査技師、臨床工学技士、診療放射線技師、准看護師のいずれかの資格を取得していること。
・看護師、臨床検査技師、臨床工学技士、診療放射線技師は3年以上、准看護師は5年以上の実務経験があること。
・血管疾患を専門とするいしのもとで十分な血管疾患診療の経験があること。
・座学と実技両方の認定講習会を受講していること。

 

看護師は3年以上の実務経験が必要です。
准看護師の場合は5年以上の実務経験なので2年長いですね。

 

血管診療技師の認定試験

血管診療技師になるには認定試験に合格することでなれます。
受付も申し込み期間は5月上旬〜6月下旬まです。
申し込みは血管診療技師認定機構のホームページに専用のページから申し込みが可能で、ホームページから申し込んだ後に申請書類を作成して事務局へ送付します。

申請書類はこちらです。
・申込書
・症例リスト(100例)
・症例の100例のうち5つのレポート
・志望動機
・勤務証明書
・ホームページから申し込んだ際の返信メールのコピー
・認定講習会の受講証のコピー
・症例証明のコピー(100例分)
・症例証明コピーの返却用のレターパックプラス

申し込みが終わったら認定試験を受けて合格することで資格取得になります。

 

認定試験は九月下旬に行われます。
場所は東京ビッグサイトですので地方の方は少し困難ですね。

試験に合格し、等緑陵10000円支払うことで認定証明書が送付されます。

 

血管診療技師のメリット

血管診療技師は看護師以外にも資格取得できる資格ですね。
なので看護師が資格取得するメリットがあるのでしょうか?

もちろんあります。
血管診療技師はまだ出来たばかりの資格なので将来性が非常に高いです。

 

血管の疾患は生活習慣病でもなりますので、今の日本では症例が増えていますね。
高齢者も多いので、これから需要はもっと高まっていくでしょう。

スキルアップで血管診療技師の資格を得ることで特別手当がつく医療機関もあるので、資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

>>看護師がスキルアップで体外循環技術認定士

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です